美容で痩身などに使われるキャビテーションエステとは

キャビテーションエステとは超音波で脂肪をまるごと破壊して、リバウンドしない痩身術です。
キャビテーションとは、空洞現象ともいい、圧力差によって、液体の中に真空の気泡が発生する現象のことをいい、美容痩身では、超音波を脂肪の細胞にあてることで、脂肪を溶かし、細胞内の気泡がはじける力で、脂肪細胞を破壊することを、キャビテーションエステと呼んでいます。
キャビテーションエステは、日本では2013年頃から知られるようになった新しい痩身法です。

エステというと、エステティシャンのハンドマッサージをイメージする人も多いかもしれませんが、近年では、キャビテーションなどの器具を使った施術が人気となっています。
超音波で脂肪がなくなるメカニズムは、キャビテーションマシンの先から、人の耳では聞こえないほどの超音波がでていて、これを肌にあてることで、肌の奥の脂肪細胞だけを1秒間に3万回以上ふるわすことで、空洞現象が起こります。
この超音波で作った脂肪細胞の周りの圧力差によって、真空の気泡が発生し、時間とともに気泡が大きくなって割れ、衝撃波を生んでその力で脂肪細胞を破壊します。

キャビテーションエステとは、脂肪だけをねらい打ちでき、希望のボディメイクができる痩身術で、皮膚や筋肉、細胞などへは影響せず、脂肪のみに影響を与える周波数で超音波を出しています。
そのため、自力では難しい部分痩せが可能で、太股やおなかなどの気になる部分だけをスリムにすることができます。
また、硬くなった脂肪であるセルライトも、キャビテーションで砕いて解消することもできます。
キャビテーションとは、痛くなく傷跡もできない、リバウンドしにくい、セルライトも壊せる画期的な痩身術です。
キャビテーションエステ徹底ガイド|効果はあるの?おすすめランキング決定版!はこちら